家族で長距離引越しする場合の相場料金まとめ

 

家族で長距離引越しした人がどれくらいの料金だったのか相場価格をまとめています。

 

引越しする前の場所と引っ越し先、価格、時期、曜日、引越し前後の部屋のタイプについて項目別で一覧にしています。

 

長距離の家族でする引越しを安くする方法についても文末でまとめていますので併せて参考にどうぞ。


 

長距離他の家族引越し相場価格実績一覧

運送会社

距離

料金

条件

アート引越センター

愛知 ⇒ 東京

120,000円

通常期/平日/2人
マンション(1LDK) ⇒ マンション(2LDK)

 

神奈川 ⇒ 京都

132,000円

繁忙期/土日/3人
マンション(3LDK) ⇒ マンション(2LDK)

 

東京 ⇒ 大阪

118,000円

通常期/平日/2人
アパート(2K) ⇒ マンション(2LDK)

サカイ引越センター

長野 ⇒ 沖縄

168,000円

通常期/平日/4人
戸建て(3LDK) ⇒ 戸建て(3LDK)

 

愛媛 ⇒ 青森

146,000円

通常期/平日/2人
マンション(3DK) ⇒ アパート(2LDK)

 

福井 ⇒ 埼玉

76,000円

通常期/平日/2人
アパート(3DK) ⇒ マンション(2LDK)

ダック引越センター

東京 ⇒ 山口

120,000円

通常期/平日/2人
戸建て(2K) ⇒ 戸建て(ワンルーム)

 

大阪 ⇒ 広島

116,000円

通常期/平日/2人
アパート(3DK) ⇒ 戸建て(5K以上)

 

東京 ⇒ 愛知

123,000円

通常期/平日/2人
マンション(3DK) ⇒ アパート(3LDK)

クロネコヤマト

福島 ⇒ 沖縄

325,000円

通常期/平日/4人
戸建て(5LDK)⇒ 戸建て(4DK)

 

愛知 ⇒ 福岡

150,000円

通常期/平日/2人
戸建て(2LDK)⇒ マンション(3LDK)

 

東京 ⇒ 兵庫

170,000円

繁忙期/土日/3人
マンション(3LDK)⇒ 戸建て(3LDK)

アリさんマークの引越社

広島 ⇒ 神奈川

140,000円

通常期/平日/3人
マンション(3DK) ⇒ マンション(3DK)

 

大阪 ⇒ 宮崎

145,000円

通常期/平日/4人
戸建て(3LDK) ⇒ 戸建て(5LDK)

 

埼玉 ⇒ 大阪

103,000円

通常期/土日/3人
アパート(2LDK) ⇒ マンション(2LDK)

ハート引越センター

大阪 ⇒ 群馬

80,000円

通常期/平日/2人
アパート(1K) ⇒ アパート(1DK)

 

茨城 ⇒ 岩手

75,000円

通常期/土日/2人
アパート(2DK) ⇒ アパート(2DK)

 

広島 ⇒ 東京

85,000円

通常期/平日/3人
アパート(2LDK) ⇒ 戸建て(4LDK)

アーク引越センター

静岡 ⇒ 京都

145,000円

繁忙期/土日/4人
マンション(3LDK) ⇒ マンション(2LDK)

 

神奈川 ⇒ 大阪

128,000円

繁忙期/平日/3人
マンション(2LDK) ⇒ マンション(3LDK)

 

福島 ⇒ 福岡

180,000円

繁忙期/平日/2人
マンション(2LDK) ⇒ タワーマンション(3LDK)

※繁忙期:3月〜4月 通常期:5月〜2月

 

 

家族で長距離引越しの料金を安くするためには

荷造りをするお母さん

家族で遠距離の引越しをする場合には、オフィスの引越しに次いで高い料金になります。さらにエアコンの取り外しや取り付け、洗濯機、大型家具、冷蔵庫、ソファや大型テレビなどが加わって、荷物量も増えるため、料金はどうしても高くなりがち。

 

ただでさえ引っ越しをするにはお金が掛かるのに、家計としては少しでも出費を抑えたいところですね。

 

そんな家族引越しを少しでも安くするためには、

@日時を指定しないフリー便にする
A繁忙期(3〜4月)を避ける
B土日を避ける
C荷造りや荷解きは極力自分でやる
D引越し会社同士の見積もり価格を競わせる

 

家族で引越し

この5項目について見直すことが必要です。

 

とは言っても、@〜Cの項目については、家族+長距離という条件が重なっているとなかなか変更できなかったり、荷造りも大変な作業ですね。

 

この場合に、最優先事項として最初にやるべきことはDの、

 

引越し会社同士の見積もり価格を比較して競わせる

 

です。

 

引越し料金を最大限下げるためには、もっとも重要かつポイントとして抑えておくべき内容です。

 

 

引越し料金見積もりはあらかじめ高く設定されがち

引越し会社は、他社との競争をあらかじめ踏まえて料金提示をしてきます。もちろん最初から安く見積もりを出すところもありますが、お客側の値引き交渉を事前に踏まえていることと、仮に値引きが無かったとしても、他社に奪われないようにどんどん値下げを敢行してきます。

 

最近は一括見積もりが主流になってきているため、過当競争の中にある引越し会社は、値下げをしていかなければ他社に勝つことが出来ません。利益が取れるぎりぎりの数字まで価格を下げてお客を取りに行っている状況ですので、私たちとしてはこれをうまく活用しない手はありませんね。

 

 

ライバル他社と上手に戦わせて見積金額を下げるのはもはや最低限行っておくべき値下げの条件です。

 

ネットの一括見積もりサイトで比較することで、引越し料金はほぼ確実に安くすることができるので必ず活用しましょう。

 

50%OFFも可能な引越し見積もり人気サイト


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加