家族で近距離引越しした場合の相場まとめ

 

家族で近距離引越しをした人たちの実績をまとめています。

 

どこからどこに引越しをしたか、料金はいくらだったか、どこの運送会社を使ったのか、人数について、それぞれの項目別で一覧にしています。

 

家族で近距離引越しをする場合に、見積もり相場価格の比較材料として参考にしてみてください。


 

家族で近距離引越しした場合の相場価格実績一覧

運送会社

距離

料金

条件

アート引越センター

神奈川 ⇒ 神奈川

88,000円

通常期/平日/3人
マンション(2LDK) ⇒ 戸建て(4LDK)

 

香川 ⇒ 香川

64,000円

通常期/土日/2人
マンション(3LDK) ⇒ マンション(3LDK)

 

兵庫 ⇒ 兵庫

48,000円

通常期/土日/2人
マンション(2DK) ⇒ 戸建て(3DK)

サカイ引越センター

愛知 ⇒ 愛知

75,000円

通常期/土日/4人
マンション(1LDK) ⇒ マンション(4LDK)

 

東京 ⇒ 埼玉

120,000円

通常期/平日/2人
マンション(3DK) ⇒ 戸建て(3LDK)

 

埼玉 ⇒ 埼玉

48,000円

通常期/土日/4人
マンション(3LDK) ⇒ マンション(3LDK)

ダック引越センター

大阪 ⇒ 大阪

63,000円

通常期/平日/2人
マンション(1LDK) ⇒ マンション(2DK)

 

東京 ⇒ 東京

58,000円

通常期/平日/4人
マンション(3LDK) ⇒ 戸建て(3LDK)

 

神奈川 ⇒ 神奈川

45,000円

通常期/平日/2人
マンション(1LDK) ⇒ マンション(3LDK)

クロネコヤマト

東京 ⇒ 東京

120,000円

繁忙期/平日/2人
戸建て(2LDK) ⇒ マンション(3LDK)

 

東京 ⇒ 千葉

150,000円

通常期/平日/3人
マンション(3LDK) ⇒ 戸建て(3LDK)

 

大阪 ⇒ 大阪

32,000円

繁忙期/土日/2人
アパート(2DK) ⇒ アパート(1LDK)

アリさんマークの引越社

東京 ⇒ 東京

98,000円

通常期/平日/4人
マンション(3LDK) ⇒ 戸建て(5DK)

 

静岡 ⇒ 静岡

87,000円

通常期/平日/3人
マンション(3DK) ⇒ マンション(3LDK)

 

神奈川 ⇒ 神奈川

83,000円

通常期/土日/5人
マンション(2DK) ⇒ マンション(3DK)

ハート引越センター

茨城 ⇒ 茨城

24,000円

通常期/平日/3人
アパート(2DK) ⇒ マンション(2LDK)

 

北海道 ⇒ 北海道

83,000円

繁忙期/土日/2人
戸建て(3LDK) ⇒ アパート(3LDK)

 

愛媛 ⇒ 愛媛

77,000円

繁忙期/平日/4人
戸建て(3K) ⇒ 戸建て(5K)

アーク引越センター

大阪 ⇒ 大阪

42,000円

通常期/土日/3人
戸建て(3LDK) ⇒ マンション(3LDK)

 

東京 ⇒ 東京

38,000円

通常期/平日/2人
アパート(1K) ⇒ マンション(ワンルーム)

 

埼玉 ⇒ 埼玉

43,000円

通常期/平日/4人
マンション(2DK) ⇒ アパート(2LDK)

※繁忙期:3月〜4月 通常期:5月〜2月

 

 

家族の近距離引越し料金を最大限まで安くするための5項目

近距離で単身引越しする場合と比べて、家族での引越しはどうしても荷物の量が増えますので、その分料金も上がります。

 

それに加えて、エアコンの取り付け、取り外し、大型の冷蔵庫やテレビなどの電化製品、ベッドやソファーなどの大型家具が入ってくると、どんどん料金は上がります。荷物を減らそうと思っても全て買い替えしない限り減らせませんね。

 

少しでも安くするためには、

@日時を指定しないフリー便にする
A繁忙期(3〜4月)を避ける
B土日を避ける
C荷造りや荷解きは極力自分でやる
D引越し会社同士の見積もり価格を競わせる

 

家族で引越し

この5つを出来る範囲でやることが重要です。ただ、@〜Cの中ではどうしても譲れない、できない事情も発生します。そんな時に確実に行っておきたいのが、

 

D引越し会社同士の見積もりを競わせる

 

ということです。
引越し会社が出す見積もりは、値引きされることを前提として算出されています。

 

つまり、他社が競争に入ってくることや、お客に値引き要求された場合のお得感を出すために、初回の見積もりでは少し高めの金額提示をすることが往々にして有ります。

 

また、引越し会社は過当競争のなかにあり、ライバル他社にお客を持っていかれる理由は、結局値段です。少しでも安くしないと自社の運営が成り立たない状況にもあるわけです。

 

 

私たちユーザー側としては、上手にライバル他社同士を戦わせて、少しでも安い金額を得るための方法を利用しない手はありませんよね。

 

インターネットの一括見積もり比較サイトを上手に活用することで、引越し料金は確実に安くすることができるのでオススメです。

 

50%OFFも可能な引越し見積もり人気サイト


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加