家族で長距離引越しする場合の相場料金まとめ

荷造りをするお母さん

家族で遠距離の引越しをする場合には、オフィスの引越しに次いで高い料金になります。

さらにエアコンの取り外しや取り付け、洗濯機、大型家具、冷蔵庫、ソファや大型テレビなどが加わって、荷物量も増えるため、料金はどうしても高くなりがち。

ただでさえ引っ越しをするにはお金が掛かるのに、家計としては少しでも出費を抑えたいところ。

そんな家族引越しを少しでも安くするためには、
  • @日時を指定しないフリー便にする
  • A繁忙期(3〜4月)を避ける
  • B土日を避ける
  • C荷造りや荷解きは極力自分でやる
  • D引越し会社同士の見積もり価格を競わせる

家族で引越し

この5項目について見直すことが必要です。

とは言っても、@〜Cの項目については、家族+長距離という条件が重なっているとなかなか変更できなかったり、荷造りも大変な作業ですね。

この場合に、最優先事項として最初にやるべきことはDの、

引越し会社同士の見積もり価格を比較して競わせる

これがとても大切。

引越し料金を最大限下げるためには、もっとも重要かつポイントとして抑えておくべき内容です。


【1位】単身パックを最大55%OFFできる一押しサービス


2位
引越し侍

3位
LIFULL引越し

人気度:★★★★☆

引越し侍で比較する

人気度:★★★☆☆

ライフルで比較する




    長距離の家族引越し(2〜5人)相場料金

    500km以内 500km以内
    2人 8〜12万円 12〜18万円
    3人 10〜15万円 12〜18万円
    4人 12〜18万円 15〜20万円
    5人 15〜20万円 18〜30万円

    2人以上の家族で長距離引越しする場合はもっともコストが高くなるため基本的には10万円以上の相場価格になることがほとんど。

    移動距離が長くなるほど料金が高くなるのはもちろんですが、荷物量はそれほど大きく影響しません。

    一番価格に影響を与えるのが「時期」。繁忙期(3〜4月)と通常期では1.5〜2倍以上料金が変わります。また土日や月末月初も高くなりがち。

    価格をできるだけ抑えるために必要なポイントは、
    1. できるだけ早い段階で引越し業者に連絡しておく
    2. 見積もりは1社だけに限らず複数社から取る

    という点をお忘れなきよう。


    2人、3人、4人、5人家族の長距離引越し実績データ

    家族で長距離引越しした人がどれくらいの料金だったのか相場価格をまとめています。

    引越しする前の場所と引っ越し先、価格、時期、曜日、引越し前後の部屋のタイプについて項目別で一覧にしています。

    長距離の家族でする引越しを安くする方法についても文末でまとめていますので併せて参考にどうぞ。


    長距離他の家族引越し相場価格実績一覧

    運送会社 距離 料金 条件
    アート 愛知⇒東京 通常期/平日/2人
    1LDK⇒2LDK
    120,000
    神奈川⇒京都 繁忙期/土日/3人
    3LDK⇒2LDK
    132,000
    東京⇒大阪 通常期/平日/2人
    2K⇒2LDK
    118,000
    サカイ 長野⇒沖縄 通常期/平日/4人
    3LDK⇒3LDK
    168,000
    愛媛⇒青森 通常期/平日/2人
    3DK⇒2LDK
    146,000
    福井⇒埼玉 通常期/平日/2人
    3DK⇒2LDK
    76,000
    ダック 東京⇒山口 通常期/平日/2人
    2K⇒ワンルーム
    120,000
    大阪⇒広島 通常期/平日/2人
    3DK⇒5K以上
    116,000
    東京⇒愛知 通常期/平日/2人
    3DK⇒3LDK
    123,000
    ヤマト 福島⇒沖縄 通常期/平日/4人
    5LDK⇒4DK
    325,000
    愛知⇒福岡 通常期/平日/2人
    2LDK⇒3LDK
    150,000
    東京⇒兵庫 繁忙期/土日/3人
    3LDK⇒3LDK
    170,000
    アリさん 広島⇒神奈川 通常期/平日/3人
    3DK⇒3DK
    140,000
    大阪⇒宮崎 通常期/平日/4人
    3LDK⇒5LDK
    145,000
    埼玉⇒大阪 通常期/土日/3人
    2LDK⇒2LDK
    103,000
    ハート 大阪⇒群馬 通常期/平日/2人
    1K⇒1DK
    80,000
    茨城⇒岩手 通常期/土日/2人
    2DK⇒2DK
    75,000
    広島⇒東京 通常期/平日/3人
    2LDK⇒4LDK
    85,000
    アーク 静岡⇒京都 繁忙期/土日/4人
    3LDK⇒2LDK
    145,000
    神奈川⇒大阪 繁忙期/平日/3人
    2LDK⇒3LDK
    128,000
    福島⇒福岡 繁忙期/平日/2人
    2LDK⇒3LDK
    180,000
    ※繁忙期:3月〜4月 通常期:5月〜2月


    長距離の家族引越しプランを展開する業者一覧

    業者名 家族引越しプラン 詳細

    アーク

    すべてお任せフルフルプラン 小物含め全ての荷造り、荷解きを任せられる

    アリさん

    長距離スペシャル便 アリさんでフルチャーターする長距離便

    カルガモ引越

    長距離引越しプラン 直行便、JRコンテナ便、空輸便から選べる


    「家族の長距離便」としてうたっているのは上記会社のプランですが、他のプランと特別何か変わるかと言えばそんなことはなく、ただ名前をそれっぽく付けているだけで特別安いわけでもないという認識。

    基本的にはどの引越し会社も家族だろうが長距離だろうが受けてくれます。

    引越しの方法としては大きく分けて、@チャーター便(トラック1台貸し切り)と、A混載便の2つがあり、上記で言えばカルガモのJRコンテナ便などもそれに当たります。

    当然混載便のほうが安くなりますが、その分到着日や時間帯指定ができないなどのデメリットがある一方、チャーター便なら最速で引っ越しできるのはもちろん、ある程度の時間指定もできます。

    その分料金は高くなるのがデメリット。

    結局どこの業者に頼むかを判断するためには、やはり値段勝負になりますので、見積もりを複数取ってみるのがコストを抑えるベストな方法なのは間違い無し。


    引越し料金見積もりはあらかじめ高く設定されがち

    引越し会社は、他社との競争をあらかじめ踏まえて料金提示をしてきます。

    もちろん最初から安く見積もりを出すところもありますが、お客側の値引き交渉を事前に踏まえていることと、仮に値引きが無かったとしても、他社に奪われないようにどんどん値下げを敢行してきます。

    最近は一括見積もりが主流になってきているため、過当競争の中にある引越し会社は、値下げをしていかなければ他社に勝つことが出来ません。

    利益が取れるぎりぎりの数字まで価格を下げてお客を取りに行っている状況ですので、私たちとしてはこれをうまく活用しない手はありませんね。


    ライバル他社と上手に戦わせて見積金額を下げるのはもはや最低限行っておくべき値下げの条件です。

    ネットの一括見積もりサイトで比較することで、引越し料金はほぼ確実に安くすることができるので必ず活用しておきましょう。


    一括見積もりを使った結果下がった金額は8万円

    直近で管理人が都内で引越しをした結果が下記。


    一括見積もりを使った結果、6社が見積もりに来ました。


    ちなみに同じ区内で移動距離は2km以内です(単身ではなく家族引越し)。


    業者名 見積もり料金
    アート引越 176,580円
    引越しのプロロ 172,800円
    LIVE引越サービス 156,600円
    アリさん 102,060円
    サカイ 99,780円

    約8万円も差額がついて引っ越すことができました。


    初めはびっくりしましたが、こんな差額が毎回出るので、引越しの度に使っています。



    【1位】単身パックを最大55%OFFできる一押しサービス


    2位
    引越し侍

    3位
    LIFULL引越し

    人気度:★★★★☆

    引越し侍で比較する

    人気度:★★★☆☆

    ライフルで比較する