長距離の単身引越し相場価格と限界まで安くするための方法

引越しの料金は「距離×荷物量×時期」で決まるため、近距離引越しと比べて超郷里の場合はどうしても料金が上がります。

少しでも安くするためには、
  • @日時を指定しないフリー便にする
  • A繁忙期(3〜4月)を避ける
  • B土日、月末月初を避ける
  • C荷造りや荷解きは極力自分でやる
  • D引越し会社同士の見積もり価格を競わせる

考える女性

この5つの項目が重要。

荷造りなどを自分でやれば多少は安くなりますが、とは言えそれほど大幅な金額差は出ないし、日時を変更していくのも難しい状況があったりしますよね。

そこで重要なのがDの引越し会社同士の見積もり価格を競わせるという点に尽きます。

一括見積もりサイトを使うことで、多数の引越し会社の比較見積もりが一気に取れるのでオススメです。


いつも使っているのがホームズ君のLIFULL引越し

私が引越しのたびにお世話になっているのがライフル引越し。

  • 家族の引越しで約8万円の差額(3LDK)
  • 単身だったときも9万円3万円に。(1DK)

いつもかなりの差額が出るので、もし使わなかった場合に損した金額と比べて家具類を新調できるほど違ってきますね。赤帽も加盟しているので。近距離の引越しなら迷わずライフルを使うようにしています。


ライフル公式HP

https://www.homes.co.jp/hikkoshi/




    長距離の単身引越し相場料金

    100km 300km以上
    通常期 5〜7万円 6〜8万円
    繁忙期 6〜8万円 8〜10万円

    値段を決める要因「距離数×荷物量×引越しの時期」の中で一番大きな影響を及ぼすのが時期ですが、これはなかなか変えようがない状況も多くなるでしょう。

    それでもできることとしては、
    1. 土日を避ける
    2. 月末月初を避ける
    3. 早めの業者依頼をする

    という点が挙げられます。

    また荷物量が少なければヤマトや日通、サカイが打ち出す単身パックを活用したり、アリさんの混載便を使ったりするのも一つの方法。

    また日程的に余裕がある場合はハート引越センターの「長距離ミニ便」を使うことで料金を通常よりも抑えることができたりもします。

    学生さんの場合なら「学割単身パック」の活用もありでしょう。

    何れにしても、自分の荷物量や時期がどの業者に一番安く当てはめることができるのか?言い換えるとどの業者と一番相性がいいのかを見極めなければなりません。

    これは実際の見積もりを取ってみないことには分かりませんし、できるだけ数多くの業者を当たることが安くするための近道です。


    長距離他の単身引越し相場価格実績一覧

    引越会社実績を元に、単身パック(一人暮らし)で長距離引越しをした方々の料金をまとめています。

    どこからどこに引越しをしたか、いくらだったか、どこの運送会社を使ったのか、通常期か繁忙期か、曜日、引越し前後の部屋のタイプについて項目別で一覧にしています。

    長距離の単身引越しを安くする方法についても文末でまとめていますので併せて参考にどうぞ。

    運送会社 距離 条件 料金
    アート 千葉⇒福岡 通常期/平日
    1K⇒ワンルーム
    86,000
    東京⇒島根 通常期/平日
    2LDK⇒5K以上
    128,000
    大阪⇒東京 繁忙期/土日
    ワンルーム⇒ワンルーム
    68,000
    サカイ 千葉⇒香川 通常期/平日
    1LDK⇒3DK
    84,000
    福岡⇒東京 通常期/平日
    ワンルーム⇒1K
    53,000
    愛知⇒熊本 通常期/平日
    1K⇒1LDK
    65,000
    ダック 東京⇒愛知 通常期/土日
    1K⇒3LDK
    48,000
    群馬⇒青森 通常期/平日
    1K⇒5K
    118,000
    兵庫⇒東京 通常期/土日
    1LDK⇒2LDK
    80,000
    ヤマト 東京⇒大阪 繁忙期/土日
    ワンルーム⇒ワンルーム
    24,000
    福島⇒東京 通常期/平日
    4LDK⇒ワンルーム
    24,800
    広島⇒埼玉 通常期/平日
    ワンルーム⇒ワンルーム
    50,000
    アリさん 東京⇒北海道 通常期/平日
    2K⇒2LDK
    132,000
    福岡⇒兵庫 通常期/平日
    1DK⇒3K
    78,000
    佐賀⇒長野 通常期/土日
    2DK⇒4LDK
    87,000
    ハート 大阪⇒東京 通常期/平日
    1K⇒1DK
    67,000
    高知⇒茨城 通常期/土日
    1DK⇒1LDK
    85,000
    東京⇒山口 通常期/平日
    1LDK⇒4LDK
    68,000
    アーク 宮城⇒神奈川 通常期/平日
    1K⇒1K
    70,000
    福島⇒東京 通常期/平日
    1LDK⇒1DK
    89,000
    新潟⇒神奈川 通常期/平日
    3DK⇒4LDK
    32,000
    ※繁忙期:3月〜4月 通常期:5月〜2月


    単身パックや混載便の利用でより安く

    各社「単身引越しサービス」としてプランを打ち出していますが、実際に分かりやすく単身パックとして明確に料金が安くなるのは下記4社。

    料金が明確な単身パックプラン
    業者名 単身プラン 最安値料金

    日通

    単身パックS
    単身パックL
    単身パックX
    15,120円〜

    ヤマト

    単身引越しサービス
    単身引越しサービスミニ
    11,000円〜

    サカイ

    小口引越便コース 10,000円〜

    ハート

    ミニトラック引越便 9,450円〜

    見ての通りかなり安く抑えられていて魅力的かつ明確な料金設定が最大のメリット。

    逆に、荷物量は1BOX、つまりかなり少ない場合にだけ使えるという点がデメリット。

    本当にごく少量だけの引越しをする人には必須で使うべきプランでもあります。

    ただしハート引越センターのミニトラック引越便は、実際に小型トラックを1台チャーターするため、荷物量はボックスより多く詰むことができますが、その分料金の振れ幅も大きくなる点に注意。


    また、荷物が単身パックで収まりきらない場合は、混載便やJRコンテナ便などを活用することで安く抑えられたりもします。

    アリさんのJRコンテナ混載便
    アリさんの「長距離エコリーズナブルパック」のイメージ


    また、これから学生生活をスタートする際にはアリさんマークの「学割パック」を使えたりもします。


    最初に出される見積もりは高い場合が多い

    引越し会社は一括見積もりを通じて見積もりを出す場合に、多少高めに設定して出してくる場合があります。

    お客に値引き交渉をされることが事前に分かっているため、いざ交渉に入った場合スムーズな値引きを演出して好印象を与えるためです。

    また、一括見積もりサイトを通じていることで、他社と比較見積もりされていることも事前に分かっているため、他社金額よりも下げ幅を大きくして最終的に決めてもらうための材料にもしていたりします。

    運送会社は全国に6万件超。コンビニよりも多い件数の会社がしのぎを削って価格競争をしています。

    つまり、私たちユーザー側としては、ほぼ確実に値引きを引き出して引越し料金を安くすることができるために、他社比較をした上で競争させない手はありません。


    一括見積もりを使った結果下がった金額は8万円

    直近で管理人が都内で引越しをした結果が下記。


    一括見積もりを使った結果、6社が見積もりに来ました。


    ちなみに同じ区内で移動距離は2km以内です(単身ではなく家族引越し)。


    業者名 見積もり料金
    アート引越 176,580円
    引越しのプロロ 172,800円
    LIVE引越サービス 156,600円
    アリさん 102,060円
    サカイ 99,780円

    約8万円も差額がついて引っ越すことができました。


    初めはびっくりしましたが、こんな差額が毎回出るので、引越しの度に使っています。



    いつも使っているのがホームズ君のLIFULL引越し

    私が引越しのたびにお世話になっているのがライフル引越し。

    • 家族の引越しで約8万円の差額(3LDK)
    • 単身だったときも9万円3万円に。(1DK)

    いつもかなりの差額が出るので、もし使わなかった場合に損した金額と比べて家具類を新調できるほど違ってきますね。赤帽も加盟しているので。近距離の引越しなら迷わずライフルを使うようにしています。


    ライフル公式HP

    https://www.homes.co.jp/hikkoshi/